2013年07月11日

ディオリッシモはこんな香水


創立者のクリスチャン・ディオールの
最後のプロデュース作品であるディオリッシモ。


名前の由来は、
『いかにもディオールらしい』という造語からだとか。



発売から半世紀以上経ったにもかかわらず、
今もなお世界中の人たちを魅了するディオリッシモ。



その人気の秘訣は、スズランをベースにした
清楚で可憐な印象を受ける、上品で美しい香りにあります。
あの故ダイアナ妃が愛用していた理由もこれなら頷けます。


気品のある女性に、これほどマッチする香水はなかなかありません。
50年以上経った今でも飽きさせない純粋なフローラルな香り。


これなら『いかにもディオールらしい』という名前に納得です。


ディオール:ディオリッシモ(パフューム)はこちら

ディオール:ディオリッシモ(トワレ)はこちら

posted by ディオリッシモ at 06:19| Comment(0) | ディオリッシモの特徴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。